お得情報

お金を貯めるために物欲を抑える方法

こんにちは、Henzelです。

お金ってなかなか貯まらないですよね。

お金を貯めたいけど、欲しいものがある。

美味しいものを食べたいけど、お金がかかる。

結局のところ欲求だらけですよね。

欲しいものをすべて買っているとお金も貯まりませんし難しいところです。

そこでお小遣い制のわたしが実践したことをご紹介します。

はじめに

以前の私は本当にお金が貯まりませんでした。しかし結婚をし、お小遣い制になった今はお小遣いの範囲内で楽しみながら貯金もできています。

お小遣いはたったの2万円です。

2万円をいかに有効的に使い、貯金もするかがポイントです。

お金を貯めるためにやってみたこと

お金を貯めるためには、まずシンプルに出費を抑えることです。

出費を抑えると同時に、物欲も抑えなければなりません。

ではどうやって物欲を抑えるのか。

物欲を抑えるには

即購入しない

欲しいものを見つけたらすぐに購入していませんか?ショッピングに行ったらその場ですぐに購入していませんか?

このように勢いだけで物を購入していると、自分が思っている以上に支出が増えます。

ネットショッピングだと「カートに入れる」という機能があります。欲しい商品を見つけたら即購入!ではなくカートに入れて、本当に必要なものか再度考えましょう

意外と2~3日経てば「欲しい!!」という熱も下がります。そういった商品はおそらく今の自分には必要ではないということです。

イラっとしたとき深呼吸して冷静になる時間を設けると良いっていいますよね?あれと似たようなものです。一旦落ち着いて勢いだけで購入せずに冷静に考えましょう。何日か悩んで、それでも欲しい!と思うものだけを購入しましょう。

しっかり考えて購入したものは大事に使う

「安いから買った」「限定品だから買った」このような理由で物を買うと、その時の一時的な満足はあっても物欲までは満たされません。結局また他のものが欲しくなってしまいます。他に良い商品を見たらこっちが良かった、、、なんて後悔するかもしれません。

1~2週間悩んだ結果、それでも欲しいと思うなら、それは本当に欲しい物でしょう。値段が高くても、それは良い買い物です。ここまで悩んだ上で購入したものはきっと本当のお気に入りになると思います。長く大切に使うこともできるはずなので、長い目で見るとお得です。一つ一つしっかり考えて購入するだけでも、それを手に入れた時に物欲は満たされますので、新たな物欲を抑えることに繋がります。

自分にとって良いものだけを厳選して買い物

服やガジェットなど、たくさん持っていると便利でおしゃれかもしれません。しかしその中には不必要なものが意外と多いのも事実です。

そういった物もお金をだして購入していますよね。それが勿体ない。

自分にとって必要な物や高品質なものを厳選することで、無駄なお金は使わずに済む。

たとえばスマホの充電器を購入したい場合、純正のケーブルは高いですよね。一方純正でない商品は半額以下で購入できるものも多くあります。

以前の私であれば純正でない安いケーブルを購入していました。しかし結局断線しやすかったり、アップデートで使用できなくなったりします。

純正では高価ですが、少なくともアップデートで使用できなくなることはありません。使っていれば断線をすることもありますが品質は間違いなく良好です。

PCとの接続等に関しても純正のほうが端末の認識がスムーズだったりもしますね。

他にも、イヤホンとかはどうでしょうか?

私も購入してお気に入りなのがApple社のAirPods Pro

以前まではコード付きの純正イヤホンを使用していましたが、故障した際に新しいイヤホンを調べていました。コードの煩わしさと流行に乗ってみたいと思う気持ちでワイヤレスイヤホンを購入しようか迷っていましたが、とりあえずAirPods Proは高い。。。

AirPods Pro以外でも商品によって値段はさまざま。当然ながら安いものもあります。安いものでもレビューを見てみると案外悪くはなさそう。

1週間ほど色々調べ、本当に悩んだ結果、思い切ってAirPods Proを購入しました。

やっぱり大満足。高いけど高いなりの良さもありますし、Apple製品という安心感もあります。物欲は満たされ、ほかに欲しい物がありません(笑)

でもこれが私なりの作戦です。

少数でいいので自分にとって高品質で良い物だけで生活する

勘違いしてはいけないのが「高価だから良い」ではありません

今の自分が心の底から求めている本当に欲しいものとは何かを考えるといいでしょう。

欲望のままに行動することも重要

先程の内容とまるで言っていることが違うでないか!と思う方もいるとおもいますが、、、まぁその通りです。違っていますね(笑)

じっくり考えて購入するということは我慢することでもあります。なぜなら欲しいものを買わないからです。根気もいりますよね。

ですがお金を使わないことだけが良いわけではありません。

やはり自分にとっての楽しみやご褒美も必要ですよね。

普段はお金のことをシビアに考えていますが、たまにはコンビニでスイーツ買ったり、焼き肉が食べたくなったら焼き肉食べにいったりもしています。

普段から節約しているからこそできるご褒美でもありますね!

やってはいけないこと

安いから買う

先程も少しお話しましたが、「安いから買う」「バーゲンだから」「限定品だから」という理由で買うと一時的な満足は得られますがすぐにまた物欲が現れてしまいます。

100円ショップでも便利なものが多いですね。私も良く利用します。

これも再度100円のものと1000円くらいするものとでじっくり考えてみましょう。

例えばキッチンツールなど買う場合100円でも売っていますが、やはり100円なりの品質であることは否めません。それであれば1000円で少し高いと感じてもこちらを購入するべきだと私は考えます。

ここで間違ってはいけないのが、「安い商品だからダメ」ではなく「安いからという理由で買うのがダメ」ということです。

まとめ

今回は物欲をテーマにご紹介しました。

お金を貯めるためには買い物の仕方を改善することが大事です。物欲を抑えるには物欲を満たすような買い物の仕方をしていく必要があります。

そのような買い物をすることで、節約以外にも生活の満足度を向上することにも繋がります。

モチベーションを保つためにはお金をつかうことも大切ですので、そのバランスを自分にあった使い方で調整することが大切です。

いらなくなったらフリマアプリで販売したらいいや。という声も時々見かけますが、「他人に売るものはない!」といえるような本当に自分にとって必要なものだけに包まれるのが理想かもしれません。

 

ABOUT ME
Henzel
妻と共に育児奮闘中の父親です。 眼科の検査や視機能訓練を行う視能訓練士という仕事をしています。 視能訓練士として培った知識や情報を中心に、私生活における自身の経験、日用品のレビュー、育児に関する記事など幅広い内容で執筆します。